[smartslider3 slider=”67″]

大阪市内にある電気工事会社のオフィス建て替え。
老朽化と手狭になったことで新しい事務所を計画するにあたり快適な空間をつくる指標として緑視率を用いて視界のほとんどに10から12%の植物が見えるようにしている。
スキップした2階フロアは執務スペースと打合せコーナを緩やかに隔てている。
木質のインテリアとインドアグリーンで大きな窓からの自然光を反射するのではなく吸収して柔らかい時間の流れる空間となった。
 
所在地:大阪市平野区
構造規模:木造2階建
延床面積:140㎡
竣工年月:2021年2月竣工